FC2ブログ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ロックンロールは...?
    本日、晴れ。


    超イイ天気。
    久しぶりに青空と太陽を見た気がするv


    これは夏日いったかな?と思ったら、
    残念、もう少しで23℃届くぞってところでしたw


    予報によると、来週あたりに「短い暑い夏」がやってくるらしいです。
    どれだけ暑くなるんだろ?楽しみ~♪


    さてさて、本の話など。



    ロックンロール (角川文庫)ロックンロール (角川文庫)
    (2007/08)
    大崎 善生

    商品詳細を見る



    以前、大崎さんの別の作品を読んだ時に、
    ものすごく号泣したことがあったので、
    外で読んでもダイジョウブかな...と、若干心配だったのですが。


    ぜーんぜん、ダイジョウブ!
    要らぬ心配でしたv
    構えていた分、肩すかしを喰った気もしないことはないけれどw


    心臓鷲掴みにされて号泣するほどではないけれど、
    所々に、これは忘れずに覚えておこう。と思うような記述がありました。


    例えば、言葉の磨き方について。


    彼(主人公の小説家)曰く、この世界には磨かれた言葉と磨かれていない言葉があり、
    どうやって言葉を磨くのかというと、鍋を磨くようにごしごしと磨くという。
    しかも、実際に鍋をごしごし磨いていると、その感覚がわかるという。


    よし、今度、家人たちが寝静まった夜中に鍋をごしごししてみよう(笑)


    ごしごしといえば。
    昔、まだ理不尽なことに逐一憤っていた頃、
    我慢できなくなって噛み付きそうになると、
    給湯室へ行って、大量の湯のみ茶碗を洗ったなぁ...(遠い目)
    あれって何故か鎮静作用があるんですよね...


    例えば、磨いた鍋の数について。


    鍋を磨けば磨くほど、磨いていない鍋の数が減る。と考えるか、
    鍋を磨けば磨くほど、磨いていない鍋の数が増える。と考えるか。


    予め決まった数の持ち鍋を順に磨いているだけなのか、
    順に磨いているうちに持ち鍋の数を増やしていくことができるのか。


    「磨いた鍋の数が少なすぎる。もっと言えば磨いていない鍋の数だって少なすぎる。」
    と言える彼(主人公の小説家)は、磨いてるうちに鍋の数が増えていく人なんでしょうね。


    つーか、鍋、鍋、言い過ぎ(笑)


    話全体に鍋が登場するわけではなくて、ちょこっと登場しただけなんですけども。
    なんか、イイ話だなぁって印象強かったんでしょうね(笑)


    他にもいくつか気になるところがあったんだけど、鍋には勝てないや。
    ということで、おしまい^^
    スポンサーサイト


      
    コメント

    大崎さんの本は好きでけっこう読んでいるし手元にもけっこうあるはずなのに、この作品だけが抜け落ちてました。泣けるというと以前にアジアンタムブルーを読んで泣けてきた記憶が有ります。
    こうした例えが絶妙でつぼにはまったりしますが。これが包丁なら夜中に研いで居ていて「みたな~」みたいな変な方向に行きそうですが、たぶん自分なら減ると思う人でしょうね。
    たとえ手持ちの数は増えていってたとしても、最初に磨くと決めた数の目標は変わらないので。目標を達成した時点でひと段落終了で、新たな目標が出来るのかも。
    ---------- 気界. URL│08/04. 20:19 [ 編集 ] -----
    >気界さん
    ものすごく号泣した作品が、パイロットフィッシュだったのかアジアンタムブルーだったのか、
    あるいは両方だったのか、ちょっと記憶が曖昧ですが、その辺りですw

    大崎さんの例え方って、ホント絶妙ですよね。
    今回は鍋にやられてしまいましたが、「ジャパネットたかたさんくらいに親切な人でいてね」っていうのもかなりツボでした。

    一度、夜中に研いでいる所を発見されて、「みーたーなー」って言ってみたい願望はありますけど、研ぎ担当だった父がいなくなってからは包丁研ぎ器のお世話になっているので、迫力に欠けるのがちょっと...(笑)

    最初に磨く目標の数を決めてしまうという発想はありませんでした(O_O;)
    自分の場合、あればあるだけ磨かなきゃいけないような気がして止めるタイミングを計れないタイプなので、勉強になりますφ(。_。;)
    ---------- ハイジ. URL│08/05. 00:22 [ 編集 ] -----
    コメントする









           
    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://notebook1step.blog130.fc2.com/tb.php/561-1f7234ce
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


         
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。