スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    無事でなにより。
    もともと電話やメールがあまり得意でないワタシ。
    用事がない限り自分から連絡することができなくて、
    同年代の人と比べてもケータイの使用頻度はかなり低い方。

    今回の地震で、被害を受けてそうな友人が何人かいて、
    大丈夫かなって心配ではあるんだけれど、なかなかメールできなくて。

    こういうとき、自分のフットワークの重さを実感。
    大丈夫?ってメールすれば済むのに。
    それがなかなかできなくて。
    こういうの、筆不精ならぬ、メール不精っていうんですかね?



    今日、嬉しいことがありました。

    今回の地震で被害が大きい地域に住んでいる友人の無事が確認できました。

    名取市に住んでいるので、名取さんとでも呼びましょうか。
    名取さんは学生時代の同級生です。

    嫁いでいってしまってからは年賀状のやり取りと、
    何年かに一度帰省する時に会うくらいの付き合いで。

    今年の年賀状で、マンションを購入して今の住所に落ち着くことになったと知り、
    ダンナがいて、カワイイ子供が2人もいて、マンションも買って。
    あぁ、夢が叶ったんだなって。
    すごいなって思っていたんだけど。

    名取さんはケータイもパソコンも持たない人なので、
    自宅の電話に連絡できない今、実家に電話するしか安否の確認ができない状態。
    かといって、電話する度胸もなく、今日まで悶々としていたのですが。

    だって、もし最悪の事態だったら。
    怖くて電話できませんでした。

    今日、名取さんと仲の良かった友人からメールがきて、
    正直、最悪の事態?とドキッとしたのですが。

    この友人も学生時代の同級生で、安達祐実似の目の大きな子です。
    この安達さんは、卒業してからも仲良くしていましたが、
    彼女が嫁いでしまってからは、ちょっと疎遠かな。

    内容は、実家に電話して良いだろうか。
    他の何人かの同級生は大丈夫だろうか。
    という、ワタシと同じことを考えていたようです。

    彼女もやっぱり実家に電話していいものか迷っていて、
    きっとひとりでグルグルしていたのでしょう。

    安達さんは名取さんの実家への安否確認。
    ワタシは他の何人かの同級生の安否確認。
    役割分担という大義名分を手に入れて、やっと行動を起こすことができました。

    これがもっと若い時だったら。
    ワタシも安達さんも躊躇せずに実家に電話して安否の確認をしたかもしれません。

    きっと大丈夫だから。と最悪の事態など思考から追いやって。
    「みんな無事だよ。心配掛けてごめんなさいね。」
    という言葉が帰ってくると信じて疑わず。

    でも、ワタシが名取さんの実家へ電話しようかと思ったときに
    真っ先に考えたのは、もし、最悪の事態だったら。
    自分の娘と同い年のワタシの声は、娘を失った親の悲しみや憤りを増幅するんじゃないかと。

    自分がネガティブ思考なのは重々自覚していますが。
    何事にもポジティブな安達さんも同じことを考えていたとすれば、
    これは年齢のせいですか・・・ね。

    ワタシも安達さんも、ひとりでは一歩踏み出すことができずにいた状態で、
    ふたりならお互いの背中をちょっと押すことができたこと。
    そのことを心からありがとうって思えたことが、ワタシはとても嬉しかった。
    ワタシが田舎へ引っ込み、安達さんが嫁にいったのを機に疎遠になっていた関係も、
    なんだか少し動きだしそうな予感。


    スポンサーサイト
    連絡きた^^
    昨日の話。

    名取さんから連絡がきた!

    やっと避難所から自宅へ戻ることができた模様。
    ガスが使えなかったり、不便なことはまだまだあるみたいだけど、
    自宅に戻れてホッとした様子。

    最近ケータイを持ったようで、これからは連絡に困らなさそう。

    って、直接話したわけじゃないんです(汗)

    せっかく電話くれたのに気づかなくって、留守電にメッセージが入っていました^^;
    ケータイ不携帯人間ゆえの失敗ですね。

    気づいたのが真夜中だったので、折り返すこともできず仕舞いで・・・。
    今日、改めて掛けようかとも思ったのですが、どうも電話が苦手で。
    結局メールでのやりとりに。

    電話はダメです。
    意味なく焦ってしまって。
    子供の頃から電話って苦手なんですよね。
    いわゆるトラウマ?

    子供の頃、「電話は3分以内で終了」というルールみたいなものがあって、
    横でチェックされていたんですよね。親に。
    電話をかける前に喋ることを紙に書き出して、それ以外はダメみたいな。
    おかげさまで、電話嫌いになりました(笑)

    メールが普及していて、よかった…。



      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。