スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    旗日だよ?
    本日、おでかけ。


    病院や用事ではなく、人に会うのが目的で出かけるのはすごーく久しぶり。
    自分、カレンダーの赤文字とあまり関係ない所で働いていて、
    今月は、月曜日と火曜日がお休み。


    なので、今日のお休みも、
    「昭和の日」だからじゃなくて「火曜日」だから休みという、
    同じ休みなのになんだか損した気分の休みですが、
    そのおかげで会うことができたので、「旗日」様様、「昭和の日」様様です^^


    そういえば。
    若い人に「旗日」って言っても通じないって本当なんですかね?


    うちではフツーに使ってますけども^^;


    祝日なのか国民の休日なのかを覚えるのが面倒で、
    一括りに旗日って言っているだけなんですけど、
    旗日が通じないとは...知らなかった!


    自分が子供の頃は、
    旗日といえば玄関先に国旗が揺らめいているのが割と普通だったんだけれど。
    いつからか掲げなくなって、国旗自体もどこへいったものやら...
    捨てはしないだろうから、どこかに仕舞われて深い眠りについていそう^^;


    確かに、一般家庭で旗出しているのを最近あまり見かけないけれど、
    学校や官公庁って今でも揚げてると思うんだけどなぁ。
    そんな上の方なんて、見ないか^^;


    さてさて。


    今日は、お友達と思い出探検してきました^^
    昔通っていた学校周辺を探検という名のドライブですw


    もう卒業してかなり経つので、
    記憶の中の風景と現実の風景のギャップがスゴイ!


    空き地ばかりのなかにポツリポツリと建物が点在していた田舎だったのに、
    こんなに建てれるんだなぁと感心する位、ギュギュっと密集していて。


    かとおもえば、あったはずの建物がなくなって更地になっていたり、
    全然違う建物になっていたり。


    自分の一番楽しかった時期の風景がなくなってしまうのは、
    なんだか寂しい気もするけれど、しょうがないよね。


    あ、でも、自分の住んでいたアパートも、足繁く通ったおでん屋さんも、
    実際に見るまで行ったことすら忘れていた焼き鳥屋さんも、
    無事生き延びてました~(v´∀`)ハ(´∀`v)


    昼間だったので営業はしていなかったけれど、
    今度は営業中に探検しに行こうとおもいます^^

    スポンサーサイト
    目はパッチリあけましょう。
    3月です。


    今更急いだ所でムダな気もしますが、
    さっさとお雛様を仕舞ってもらいましたw


    自分、人形系が苦手なので、飾るときも仕舞うときも手伝いません。
    段を組んだり、赤い布(毛氈というらしい)をセットするくらいは良いけれど、
    人形の首がスポッと抜けるのが怖くてね^^;


    「何なら飾らなくてもいいんだけど...」
    と言い続けたら、手伝えと言われなくなりました。
    めでたし、めでたし?


    最近、慣れないことをしているからか、
    かなーりくたびれておりまする...


    どれくらいくたびれているかというと、養命酒に助けを求めるくらい?


    前に一度味見をさせてもらった時から、
    これはムリだ!と避けていたというのに、とうとう手を出してしまいました。


    効き目の程は、まだこれといって実感がありませんが、
    何かしら実感するまでは、続けてみようと思います。


    さて。
    今月も格言カレンダーのお言葉について少々。


    「勇気は逆境に於ける光である」


    この場合の光は、
    暗闇の中の彼方から導くように射す光なのか、
    暗闇の中で足元を照らしてくれる光なのか。


    自分の勝手なイメージでは、
    足元を照らしてくれる方に一票なんですけども。


    でも、勇気ってなんなんでしょうね。


    前に進むのも勇気。
    背を向けるのも勇気。
    回り道するのも勇気。
    留まるのも勇気。


    何かを決断する時には、種類や大きさや温度が違っていても、
    そこに勇気は存在しているんじゃないでしょうか。


    他人から見れば、決断せずに流されているだけでも、
    本人にとっては、流されるという決断をしたのかもしれないし、
    他人から見れば、尻尾を巻いて逃げたと見えても、
    本人にとっては、勇気ある撤退かもしれないですし。


    どの決断が正解で、正しい勇気の使い方なのかは、
    誰にもわからないと思うんですよね。


    きっと、勇気をもって下した決断は、
    その決断が正解であっても不正解であっても、
    進みだした足元を照らしてくれるんじゃないのかな。


    自分の場合は、
    怖いからギュッと目を瞑り、耳は塞がないで嵐が過ぎるのを待っていそう。
    やいのやいの言われることをジッと聞いていて、
    その中から自分でもできそうなのを選んで、
    ひとつづつやってみるような気がする。


    自分がないと言われれば、それまでですが、
    基本的に、人の親切(助言)は有難くいただく方針なので(笑)


    それか、
    ギュッと目を瞑ったまま石橋を叩かずにダッシュで渡りそう。
    途中、石橋が崩壊する危険も、躓いて転ぶ危険も、無視です。
    これはもう、考えるの放棄して、なるようになるさ戦法ですw


    どちらにしても、目をギュッと瞑ったままだと光っていても見えていませんね。
    ある意味、勇気ある...?(笑)

    なんだかな~
    2月は逃げると言いますが、ホントにはやい。
    他の月によりも日数が少ないと言っても2日程度の違いのはずなのに、
    なんだかなぁ~って感じです。


    なんだかなぁ~といえば、
    阿藤さんって、阿藤さんになられていたんですね。


    いーつーのーまーにー!?
    最近見かけないなぁ、と思っていたけれど、
    名前が変わっているとは...
    しかも結構前だ...


    えー?知ってたでしょ?と言われてみれば、
    聞いたことあったような気もするけど、
    知っていて忘れているだけなのか、
    本当に知らなかったのかも曖昧だなんて、
    自分の記憶力も、なんだかなぁ~(笑)


    さて。
    今月も格言カレンダーのお言葉コーナー?いきます^^


    「自信は成功への第一の秘訣である」


    この言葉を見たとき、
    そのとおり!と思う自分と、ん??って思う自分がいて。


    そのとおり!は、
    自信があるということは、信じるに足る根拠があるというわけで。
    その根拠が、才能なのか努力なのか運なのかは、時と場合によりけりでしょうが、
    何にせよ、自信がある方が成功する可能性が高くなるような気がします。


    ん??は、
    それって秘訣なの?ってことで。
    秘訣というと、コツや奥の手というイメージがあるせいか、
    もっと大きな要素として扱ってよいのでは?と思うのです。


    「成功したければ自信を持ちなさい」
    くらいの勢いはあるでしょう(笑)


    じゃ、どんな言葉だとしっくりくるのか?と聞かれると、
    語彙の少ない自分は答えに窮するのだけれど、
    秘訣はちょっと...ねぇ?


    なんて、自信にも成功にも縁のない自分が言うと、僻みにしか聞こえないかもw
    自信、どこかで売ってないかなー。
    自信と色気と記憶力、売っていたら少々高くても買うのにー(笑)

    格言カレンダー
    月日が経つのは早いもので、一昨年の話になりますが。


    毎月毎月、カレンダーに書かれている格言について、
    あーでもない、こーでもないと屁理屈をこねていたのを、
    覚えていらっしゃるでしょうか?


    縁あって、また、格言カレンダーを入手してしまいました^^;
    せっかくなので、今年も屁理屈をこねていこうと思います^^


    では、1月の格言!


    「明朗は健康の父 愛情は幸福【しあわせ】の母」


    言いたいことはわかるけれど、あまり好きな言い方じゃないです。
    何故、父と母? まぁ、父と母は置いといて、
    明るく朗らかでいることが、健康と密接な関係というのは頷ける話で。


    イライラしてたり、ズドーンと落ちてるときは、体調も引きずられて落ちるもんね。
    少々無理してでも明るく朗らかでいる方が、自分も周りも元気でいられる。


    自分、子供の頃から、
    高飛車にツンとしたり、ブスッと仏頂面してもいいのは、
    顔の整った美人な人だけなんだから、いつもニコニコしていなさい。
    って言われ続けてたのね、親に。


    でも、若い時はニコニコするのが媚びてるような気がしてすごく嫌で。
    美人でもないのに、いつも仏頂面しては怒られてました^^;


    ニコニコは媚びるんじゃなくて武装、大袈裟に言えば、戦術。
    と気づいてからは、仮面のようにニコニコしてますよ。
    内側が黒くなればなるほど、ニコニコしてます。
    大抵の人は釣られてニコニコしてくれるので、場が和むし^^


    機嫌が良いからニコニコしているのではなくて、
    ニコニコしているから、なんとなく機嫌も良くなることの方が多い。


    たまにニコニコしながら、心の中でプンスカしていることもあるけれど、
    傍目にはあまり解らないみたい。


    無表情で感情の起伏が解りづらい人をのポーカーフェイスといいますが、
    常にニコニコしていて感情の起伏が解りづらいポーカーフェイスもありまして。


    能天気に見えるんでしょうね、
    いつも悩みなさそうでいいね~羨ましい♪ って言われることが多いw


    おかげさまで~♪ なんて言いながら、
    人を見る目ないね~♪ って心の中で思っていますけど、なにか?(ΦωΦ)


    若干黒い話になってきたので、次。


    愛情と幸福については...お前が語るな!と言われそうですが(涙


    愛すより愛されたいタイプでも、
    愛されるより愛したいタイプでも、
    一方通行に愛でるだけで十分、というタイプでも。


    いずれにしても、ごく身近に愛情を感じることができれば、
    それはきっと幸せですよね。
    相手が、友人、恋人、夫婦、親子、あるいは人以外、あるいは異次元であっても。


    他人から見れば全く幸せに見えなくても、本人は幸せかもしれないし、
    逆に、誰が見ても幸せそうなのに、本人は全く幸せじゃないかもしれないし。


    どの関係での愛情が一番幸せかなんて、
    愛情の種類も濃さも違うのに比べられないし、比べるものでもない。
    って解っていても、隣の芝生は青いのだよ、ワトソン君。


    自分には遠い愛情の話なんて、このあたりが限界のようなので、おしまい。

    知らぬが花ではありません。
    本日、午後からは穏やか。
    だが寒い日。


    夜なんて、居間のメインストーブが、
    低めの設定にもかかわらず、設定温度に到達できずに、
    はっちゃきこいて燃えてるし。


    昨日今日と、北日本は大荒れの天気。
    この辺りも御多分に漏れず、冬将軍が大暴れして去っていきました^^;


    そういえば。
    子供の頃、「台風一過」を「台風一家」だと思っていて。
    ○号、△号、といくつもある台風をまとめて台風一家、
    清水の次郎長一家みたいなイメージ!(笑)


    その頃、年末年始とか、その手の時代劇が多くてね。
    しかも、結構好きだったりするv
    そりゃ子供だもん、影響受けるよねぇ?


    勘違いに気づいたのが高校生くらいで。
    けっこう恥ずかしかったなぁ...


    で、冬将軍も本当は違う意味なのかな?って密かに疑っていたのだけれど、
    天気予報に出てくる冬将軍のイラストはいかにも将軍って感じだし、
    寒さの擬人化であってるよね?でも一応調べてみよう...
    ...うん!正解!!
    と、ホッとしたのは、わりと最近の話ですw


    前に、本かテレビか忘れたけれど、
    お偉いさんがよく使う「遺憾の意」を、イカン!の意だと思ってた~♪
    って言っているの見て(聞いて?)、同類がいたと喜ぶ反面、
    自分も、違和感を縮めて遺憾って言ってると思ってたなぁ...漢字違うのにw
    と、懐かしい気持ちになりました^^;


    まだ気づいていない勘違い、けっこうあるんだろうなぁ...
    誰かに指摘される前に気づきたいなぁ...
    でも、何を勘違いしているかわからんもんなぁ...


    ま、今のところは知らぬが仏ということでw

    死、語、に、胸キュン♪
    本日、くもり。


    昨日今日と、空はくもってどんよりだし、
    地上はガスかかって真っ白だし。


    なにより、寒い!


    湿度が高いからか、実際の気温よりもかなり低い体感温度。
    半袖じゃ寒いって、ナニ?(´・ω・`)


    せっかくノーストーブデーが続いていたのにさ。
    スイッチオンしちゃったじゃないの...


    もうすぐ夏至だぞ、おいw


    何日か前から、桜の花が散り始めました。
    さくら ひらひら 舞い降りて 落ちて~♪
    と、只今絶賛舞い散り中。


    桜の周りはもちろん、道路もピンク(●´3`)~♪ 
    個人的には、アスファルトに咲く桜も好きなんですよ^^
    あまり酷くなると掃いて片付けますけどね^^;


    そういえば。
    前にケンミンショーでチラッと見たんですけど、
    「スコップ」と「シャベル」って、住む所によって呼び名が逆になるんですってね。


    ネットでも話題になったことがあったらしく、
    解り易いサイトがあったので、話の概要はこちらで是非。

    ・秒刊SUNDAY 『地域によって異なる?スコップとシャベルの違いが話題に』


    ここ北海道は、東日本チームに属しているので、
    大きい方が「スコップ」で、小さいほうを「シャベル」と呼んでいます。


    ...と言いたい所ですが、実際は、わりとアバウトな感じ?


    自分は、形状に係わらず「スコップ」と呼んでいるし、
    母は「ショベル」と呼んでますね^^;


    小さいのも、先が尖ってる園芸用のは「移植ゴテ」、
    先が平たく尖っていなくて、柄が長いのは「ジュウノウ(十能)」かな。


    あ、ここは北海道人として「ジョンバ」も参戦させたいところですがw
    最近「ジョンバ」って聞かないもんなぁ...


    ちなみに。
    「ジョンバ」というのは、除雪用の道具で、
    現在は「雪かき」「雪かきスコップ」と呼ばれているものです。
    今はプラ製やポリカ製が多いけれど、昔ウチにあったのは、竹を編んだものでした。


    昔懐かし死語となってしまった「ジョンバ」の仲間に「デレッキ」というのがあって。
    石炭ストーブの石炭を掻く為の道具で、先端がL字になっている金属製の棒なんですが、
    最近、とんと見かけない。
    石炭ストーブ自体を見かけないのだから、
    デレッキを見かけなくても当然といえば当然なのですが(笑)


    「ジョンバ」「デレッキ」「ジュウノウ」と聞いて、
    懐かしさのあまり、胸がキュンキュンする人は、間違いなく北海道人でしょうw
    きっと、子供の頃にデレッキで叩かれそうになったことがあるはず...

    子供を支持します。
    本日、こどもの日。


    こどもの日って、「子供の日」じゃなくって「こどもの日」なんですね。
    知らなかった^^;


    最近、「子供」の「供」の字が、大人の手下という感じがするということで、
    「子ども」と表記するのが流行っているらしいですが、
    そっちの方が、蔑んだ印象になるような気がするのは気のせい?


    「~ども」と聞いて思い浮かぶのが「野郎ども」。


    ドラマや映画で「野郎ども、やっちまえ!」なんて言われて出てくる人って、
    どう見ても手下だよねぇ。


    「子供」と「子ども」、賛否両論あるのでしょうが、
    自分は「子供」支持派。
    なので「子ども」は使いません。


    そもそも、交ぜ書き熟語が嫌いなんですよ。


    新聞やニュースのテロップを見てると、イラッとすること多いですもん。
    あれ、馬鹿にされてる感じがしません?
    どうせ読めないだろうから平仮名にしてやったぜ!みたいな(笑)


    ん?捻くれすぎ??


    変に漢字と平仮名が混じると、読み辛くってね^^;
    いっそのこと、熟語ごと全部平仮名にしてくれた方がまだマシかも。


    難読と思われる漢字なら、ルビを振れば問題ない気がするんだけれど、
    そうしないってことは、何か問題あるのかな。

    今でしょ!
    最近のマイブーム。


    「いつやるか?」「今でしょ!」


    近頃やたらと耳にすると思ったら、
    塾のコマーシャルだけじゃなくって、車のコマーシャルもしているんですねw


    後回しにしたい、やりたくないことをする時なんかに、
    声に出して「いつやるか?」「今でしょ!」なんて言っちゃったりして(笑)


    あと、食べちゃ拙い時間帯かなぁ~って時に、
    「いつ食べる?」「今でしょ!」みたいなw


    これはもう、食べるの前提というか決定事項での問いかけなので、
    ノリで罪悪感を突破するような感じ、ですけども(笑)


    そういうズルイ使い方は別として、
    自分みたいな行動に移すのが苦手な人にとっては、
    踏ん切りがつくというか、行動に移しやすくなる効果アリ?


    何より、ドヤ顔で「今でしょ!」って言うの、楽しいし ( ´ー`)
    人に見せるわけじゃないから、完全に自分一人の楽しみですけども。
    きっと和むと思うので、やってみて♪




    >拍手お返事

    12月の格言
    とうとう12月になりました。
    何かとバタバタ気忙しい師走です。


    ...って、もう3日過ぎていますよね^^;
    気づいたら、いつの間にか3日経っていました///orz///


    只今、絶賛不貞腐れ中。
    というのも、髪を切りすぎてしまいまして。


    髪切る時って、眼鏡外すでしょ?
    自分、ド近眼なので、鏡に映る様子はぼんやりとしか見えず、
    結果は、できあがってのお楽しみ、なのですが。


    !   Σ(゚д゚lll)


    切り終わり、眼鏡をかけて、鏡を見たときの衝撃たるや...
    思わず瞬きを忘れるほど(笑)


    まーじーでー?
    確かに、軽めにして欲しいとは言ったけど、
    いくらなんでも、短すぎるだろー!・゚・(ノД`)・゚・。


    どんな頭になったのかというと...
    かなりモンチッチちっくな感じ?


    アラフォー女子のモンチッチとは、是如何に。


    会う人会う人に「あら、随分と切ったんだねーw」と、
    ニマニマニマニマ笑いながら言われ続ければ、
    誰だって不貞腐れるっつーの!




    .........ふぅ。




    よし、次。
    では、月初めの、カレンダーの格言シリーズいきます!


    今月の格言は、
    「始める事よりやり遂げる事が難かしい」


    確かに。
    三日坊主気質の自分には、大変耳の痛いお言葉である。


    ただ、屁理屈を言わせてもらえるのなら、
    「やり遂げる事よりも始めることが難しいこともある」
    と、言いたい。


    自分は、始める前に脳内で完結してしまって、
    なかなか一歩踏み出せないタイプ。


    ああすればこうなって、あれがそれになるから、ムリ!
    と、やってみたら案外すんなりいくようなことでも、
    ムリな気がして始められない、残念な人なのだ^^;


    自分だけのことでも踏み出せないのだから、
    対ヒトが絡むことなら、尚のこと足が重くなる(。-`ω-)


    加えて、かなりの面倒がりなので、
    「後で。」と思ったまま何年も放置することもあるし。
    残念な人と言うより、ダメ人間?(笑)


    「思い立ったら、即、行動。」ができるアクティブな人に、
    なりたい筈なのに、全然近づけてないなぁ。


    ...これ、来年の課題だな。φ(.. )


    今回の格言、言葉の意味よりも、
    「難しい」の送り仮名に「か」は要らないよねぇ。
    と、そこが気になってしょうがない。


    ...って、子供か!(笑)


    1月から始めたこのシリーズも、今回で終了です。
    思い返すと、屁理屈を捏ねてばかりいたような気もしますが、
    それはそれで、なかなか楽しかったです。


    1年間お付き合いいただき、ありがとうございました^^




    >拍手お返事

    11月の格言
    本日、午後から雨、のち、雷!雷!雷!


    夕方からは竜巻注意報も出ていたし、
    雷がひっきりなしに鳴るものだから、
    迂闊に傘をさして外に出れない^^;


    ミャーコさん、無事かしら...?


    ついさっき、やっと風と雷が治まったので、
    ミャーコさんの無事を確認してきました^^


    いつもなら、夜はにゃんこの会議に出かけていて留守だったり、
    にゃんこハウスにいても、起きているんだけれど、
    今日はぐっすり熟睡中(-ρ-)........zzz


    雨やら風やら雷やら、かなーりウルサイ筈なのに、
    寝ていられるなんて、意外と図太いのかもw


    さてさて、今日から11月が始まりました。
    今月は、何かと忙しくなりそうです。


    というのも、
    今年はまだ、手にパックリ割れがないキレイな状態なので、
    漬物たちの仕込みを手伝うことになりそう。
    いつも手の状態が悪くて碌に手伝えないから、今年は頑張んないと!


    あ、喪中はがきも作らねば!
    今日から年賀はがきの発売が始まった筈だから、少し急がないとね^^;


    では、月初めの、カレンダーの格言シリーズいきます!


    今月の格言は、
    「大きな苦難が人の真価をはかる」


    また苦難ですか...格言では苦難が人気なの?...
    5月の格言は「苦難に耐えてこそ事態は好転する」だったけれど、
    必死に苦難に耐えている間、真価をはかられているってこと?
    ...なんかイヤだなぁ(笑)


    同じような意味でも、もう少し感じのイイ言葉がないかと、
    「苦難」をキーワードに探してみると、興味深い言葉を発見!


    「疾風に勁草を知り、厳霜に貞木を識る」


    中国の書物に書かれている言葉で、
    激しい風が吹くと、弱い草は倒れて強い草だけが残るように、
    厳しい霜が下りると、その寒さに耐えられる木だけが枯れずに残るように、
    忠節を守れる臣下かかどうかは、困難な時が来ないと分からない。
    と述べられているそうです。


    忠節の部分を、自分の意思や信念に置き換えてみると、
    苦難にあって初めて、その人の本当の意思を貫く強さがわかる。ということになる。


    自分は勁草でありたいと思うけれど、実際は、倒れてしまう弱い草の方でしょうね。
    しかも、疾風じゃなくちょっとした風でも傾いてしまうような^^;


    いつか、どんな疾風にも耐えられる勁草になりたいとは思うのですが、
    なかなか遠くって^^;


    まだまだ修行が足りぬということです(笑)

      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。